利用規約

阿蘇市民農園あそんファーム利用規約
平成22年4月1日施行あそんファーム
(名称)
第1条
この農園は、市民農園整備促進法(平成二年六月二十二日法律第四十四号)にもとづき設立された団体であり、阿蘇市民農園あそんファーム(以下、「あそんファーム」という。)と称する。
(目的)
第2条
この規約は、あそんファームと利用者同士が協力し、美しい農園の保全を図り、適切な管理を行い、健康的でゆとりのある豊かな生活をすることを目的とする。
(定義)
第3条
1.あそんファームを利用するすべての者を「利用者」とよぶ。
2.利用者に農園を有効に活用してもらうために、各農園の責任で管理人を置くものとする。
(利用者の資格)
第4条
あそんファームの利用者は、次の条件を満たすものとする。
1. 積極的に交流をもてる者。
2. 充実した農園スタイルを目指す意志のある者。
3. あそんファーム利用規約等を遵守できる者。
(利用者の否承認)
第5条
あそんファームは以下のいずれかの項目に該当する場合入会を承認しない場合がある。
1.
入会申し込み者が実在しない場合。
2.
入会申し込み者が規約違反等の理由により利用を停止されていた場合。
3.
入会申し込み者が過去に規約違反等の理由により利用を停止されていた場合。
4.
入会申し込み者が既に会員の場合。
5.
入会申し込みの際、利用料金の支払いを怠っている場合。
6.
入会申し込みの際、申し込み内容に虚偽、誤記、または記入漏れがあった場合。
7.
その他入会申し込み者が未成年者、非保佐人、非後見人のいずれかであり、入会申し込みの際法定代理人または保佐人の同意等を得ていなかった場合。
8.
当社が入会申し込み者を会員とすることを不適当と判断した場合。
(利用の申込)
第6条
1.利用希望者は、所定の申込用紙に必要事項を記入の上、申し込むものとする。
2.申し込みは申し込みフォームより送付、及び郵送もしくは持参するものとする。
3.複数の利用プランを申し込むことができるものとする。
4.特定の区画の希望はないものとする。
(利用者の選考)
第7条
一次審査及び二次審査により利用者を決定するものとする。
(利用の契約)
第8条
1.
利用希望者は、あそんファームからの許可があった後2週間以内に現地を確認の上、農園の賃貸契約を締結するものとする。
2.
契約期間は基本的に1年とし、利用期間は4月1日から翌年3月末日までの1年間とする。ただし、利用期間満了の3ケ月以前に更新の申し出があった場合は、利用許可期間が5年を超えない範囲において、1年を単位として利用期間を延長することができる。また、利用期間途中からの利用者は利用開始日から3月末日までの期間とする。
(農園の利用料金)
第9条
あそんファーム内の各農園に利用プランが設定されており、農園の形態、プラン内容、広さによって価格が異なる。利用者は各利用プランにもとづき申し込むものとする。

(農園の利用と環境保全)
第10条
1.農園における作物の栽培は自家消費及び指定された野菜直売への出荷に限定する。
2.利用者は良好な環境を保全するため、騒音や悪臭の防止に努めなければならない。
3.他区画に迷惑をかける管理状況とならないように努めなければならない。

(農園等の改修)
第11条
利用者が契約締結後、農園内において施設を改修することは認めない。
(農園の管理)
第12条
1.
利用者は、原則として有機栽培及び無農薬栽培を理解し実践すること。
2.
大麻などの公序良俗に反する作物、その他、他の利用者や近隣・施設に迷惑を及ぼす可能性のある作物は育てないこと。
3.
農機具などを持ち込む場合は、必ず農園管理人の許可をもらい、指示通りに使用すること。
4.
利用期間が終了した時点において残存物がある場合、利用者の責任において 処分し農園管理人の確認を受けなければならない。
5.
利用期間が終了した時点において利用期間開始時と同じ状態にしておかなければならない。
6.
同伴者が行う行為については利用者がすべて責任を負わなければならない。
(ライブカメラの運用)
第13条
あそんファームは、次の場合サービスを中断することができるものとする。
1.
ネットワーク設備の保守メンテナンス、又は工事上やむを得ない場合。
2.
停電や天災等の不可抗力の事態が発生した場合。
3.
機器の故障等が発生した場合。
(契約の解約、解除)
第14条
1.
更新の申し出がなかった場合は、利用期間満了日で解約されたものとする。
2.
途中解約をする場合は、利用期間満了の3ケ月以前に申し出るものとする。それ以後の申し出は、利用期間満了月まで支払い義務を有するものとする。
3.
利用者が契約締結後において良好な管理を行わない場合、また、本規約に反し、行為が不適切であり、他の利用者や近隣の住民に多大な迷惑を及ぼした場合、一方的に解除できるものとする。この場合、利用料は返還しない。
(災害の補償)
第15条
あそんファームは、利用者が受けたいかなる災害および損失等に対してその責を負わない。
(事故の補償)
第16条
農園での利用にあたり、怪我や事故は自己責任となる。
(損害の賠償)
第17条
利用者が施設に損害を与えた場合、利用者の責任において補修し、農園管理人の同意を受けなければならない。
(補 則)
第18条
この規約に定めない事項については、農園管理人と利用者の間での協議で解決するものとする。
附則 この規程は平成22年4月1日から施行する。
発行元:阿蘇市民農園「あそんファーム」事務局
〒869-2304 熊本県阿蘇市西湯浦1451-11
ページの先頭へ