ASO食材コレクション

果てしなく広がる空。澄んだ空気。阿蘇の大地のあちらこちらで沸き出でるミネラル豊富な伏流水。高冷地に位置する阿蘇は、雄大な自然に囲まれ、世界最大級の阿蘇カルデラから受ける恩恵ははかりしれません。この大自然にに育まれた数々の食材をお届け。
産地直送。安心して採れたて食材をご堪能ください。

阿蘇は、九州にありながら平均気温は米作りで有名な東北地域と同じ気候。また、昼夜の寒暖差が大きい盆地の地形で水が豊富という、米作りに適した土地です。
そんな恵まれた環境の中で、あそんファームの農園は様々な農法で米作りにこだわっています。

あそ有機農園

あそ有機農園 写真

あそ有機農園では、有機JAS合鴨米を作っています。合鴨による栽培で、継続して3年以上除草剤をはじめ農薬や化学肥料を一切使用していない田んぼでのみ作られたお米です。もちろん育苗期間も含めて完全農薬有機栽培です。

阿蘇ハイランドファーム

阿蘇ハイランドファーム 写真

米・もち米・麦・大豆の作物を作っています。お米は完全無農薬栽培。1作物1aあたりの収穫が自分のものにもなることもできます。植えつけ→草取り→収穫。その後に、それぞれの特徴を活かした加工まで体験できます。

内田農場

内田農場 写真

ごはんソムリエとして活躍する若手経営者。おいしいお米と大豆を作ることにこだわり、日本酒まで作ってしまいました。おひとりおひとりに美味しいお米を食べてもらいことだけを考えて、日々農作業を行っています。
田植えや稲刈りも体験できます。自分で植えたり、収穫したお米の味は格別です。ごはんソムリエが美味しい食べ方を、楽しく直接レクチャーします。

阿蘇オーガニック・トスカーナ

阿蘇オーガニック・トスカーナ 写真

阿蘇のミネラルたっぷりの田んぼで育った赤米・黒米・緑米・数種類の雑穀米など体に良いお米をお届けします。もちろん栽培時に農薬、化学肥料を使用していません。
阿蘇の自然の環境を守ることが、熊本の自然・水を守ることにつながり、熊本の大自然の環境を守ることが、九州、いや地球を守ることにつながります。農家のみなさんが、自然をまもりながらつくってくれた私たちの命の源と、守られている私たちの橋渡しをしています。

阿蘇高原トマト

阿蘇高原トマトは、ミネラルを豊富に含んだ火山伏流水が湧き出る一の宮町地区を中心に作られています。標高が約500メートルという高冷にに位置する阿蘇は、害虫の発生が少ないため農薬を極力使わずに栽培することができます。
朝晩の温度差がある気候と豊かな水で育った阿蘇高原トマトは、7月上旬から集荷の最盛期を迎え、霜が降りる頃まで長期にわたり続き、出荷量は西日本一を誇っています。
甘く、濃い味がぎゅっと詰まった阿蘇高原トマトです。

阿蘇高原トマト 写真

阿蘇産アスパラガス

一本一本、丁寧に収穫されるアスパラガスは従来のものに比べて柔らかく、みずみずしい野菜のうまみからでる品種です。有機栽培と阿蘇の水で育ち、生でも美味しく頂けます。
春から秋にかけて長期に収穫できるため、年間300トンを超える収量を安定して供給しています。
太めで柔らかく美味しい阿蘇産アスパラガスは、九州・関西方面へ高級野菜として出荷されており、生産者のこだわりが詰まっています。

阿蘇産アスパラガス 写真

スイートコーン

朝晩の寒暖差大きい阿蘇の大地で育ったスイートコーンは、フルーツのように甘味がとても強く、実がつまっています。品種は「味来(みらい)」と「恵味(めぐみ)ゴールド」「ゴールドラッシュ」「ホワイトコーン」など。糖質が多く、ビタミン・ミネラルをバランスよく含む高エネルギー食品です。
日が高く上る前の早朝に収穫し、即日出荷するため、よく自治うには食卓に届きます。
人気の高いスイートコーンはお取り寄せだけでなく、植え付け体験をすることもできます。自分で植え付けしたスイートコーンの成長を観ながら、収穫を楽しみにしてみてはいかがでしょうか。

スイートコーン 写真

阿蘇たかな

阿蘇の厳しい寒さと雪・霧に耐えながら育った阿蘇たかなは10月に種を撒き、翌年の3月中旬から4月上旬にかけて、丁寧に手作業で収穫します。
阿蘇は高冷地のため気温が低く、霧が降りたり雪が積もる厳しい環境の中で育ち、春を迎えます。
そのため、旨みがギュッと凝縮されており、阿蘇高原野菜独特のツーンとする辛味とピリリとした風味がでます。また、気温が低いため害虫が発生せず、無農薬で栽培することができ、保存料や着色料などの添加物を一切使用していないため、安心してお召し上がりいただけます。
塩と唐辛子だけで浅漬けした「新漬け」は緑鮮やか。春の収穫時期だけしか味わえません。また「本漬けがかな」は半年から一年かけて熟成させたもので、自然発酵して深い緑の色合いに変化します。阿蘇たかなは、阿蘇の特産品の代表です。

阿蘇たかな 写真

イチゴ

イチゴの人気種である「さがほのか」や「紅ほっぺ」を雄大な阿蘇で生産しています。
「さがほのか」は糖度が高く酸味が少ないため、食べた瞬間から甘味が広がります。大粒の果肉は程よい硬さがあり、みずみずしく食べごたえがあります。
mた、「紅ほっぺ」は円錐形で、ほかの品種に比べ果実が大きく、見た目にとても美しいイチゴです。イチゴ独特の芳香があり、甘味と酸味のバランスが良く、とてもジューシーです。
どちらもイチゴの味わいと甘い香りを充分に楽しめる品種です。
阿蘇の大自然mから生まれたイチゴは、10月末~6月初旬まで長期にわたり収穫されます。

イチゴ 写真

高原野菜

標高600m~900mに位置する阿蘇市波野は、年間平均気温11.4度という涼しい気候です。高冷地故の昼夜の温度差、霧などによる湿気等により、作物に甘味と柔らかさが生まれます。
「波野キャベツ」は甘味いっぱいのキャベツ。生産量西日本一を誇ります。波野特産の「波野キャベツ」をはじめ、農家の方が毎日、畑から収穫したばかりの季節の野菜をセットにしてお届けします。波野の高原で育った新鮮、採りたて、しゅんんお野菜の詰め合わせです。

高原野菜 写真

波野のそば

阿蘇市波野では、火山灰の水はけのよい畑を利用し、家庭用として昔からそばを作っていました。
昭和63年「そば生産組合」が発足。品質の良いそば栽培をすすめ、現在は75haまで作付け面積を増やしています。
8月に種を蒔いたそばは、9月中旬には満開となり、波野の畑に白い花のじゅうたんが広がります。
波野特産の「波野そば」。11月には収穫が始まります。

波野のそば 写真

阿蘇天然水

九州の水がめと称される阿蘇は、数多くの湧水があり天然水の宝庫です。
世界最大のカルデラを有する阿蘇の大地。古代より噴火が繰り返され、火山活動で出来たさまざまな
地層がフィルターとなって雨水を濾過し、地下水として長い時間かけてため込んできたました。
そして、火山のミネラルを含んだ美味しい天然水として阿蘇の各地に湧き出ています。
自然の恩恵を一心に受けた阿蘇天然水です。

宮水 写真
ページの先頭へ